シーンで違うドレスコードとは?大人のマナーとして知っておこう

ファッションには、TPOがあります。

そのひとつが、お呼ばれされたシーンや場所などの条件によって、着用すべき服の格を表すおなじみの「ドレスコード」です。

ドレスコードを正しく知って、その場に応じたファッションとふるまいができるのは大人のマナーとして重要なポイント。

今回は、特に違いがよく分からない…といわれている、フォーマルセミフォーマルのドレスコードについてご紹介します。

もう知っている人もおさらいを意味をかねてチェックしてみてくださいね。

 

フォーマルとセミフォーマルの意味の違いは?

礼装のドレスコードは、フォーマルと言われる正礼装と、セミフォーマルと言われる準礼装、さらにその下の略礼装の3種類あります。

正礼装とは、主に親族として参加する結婚式や、格式が高い式や公式行事などで着用します。礼服がいい例ですね。

準礼装とは、一般的な結婚式やパーティーにお呼ばれされた時に着用するドレスコードで、正礼装と同様、品がある服装である必要がありますが、品を崩さない程度にデザインや色に遊びをいれてもいいとされている服装です。

略礼装は、二次会のみのお呼ばれ時や観劇へお出かけする時など、よりカジュアルなシーンで着用する服装を指します。

 

同じフォーマルでも夜と昼で選ぶドレスが違う?

フォーマルやセミフォーマルのドレスには、場所だけでなく、時間でも着用するものが変わってきます。

フォーマルでは昼にはアフタヌーンドレスを着用しますが、夜にはイブニングドレスになります。

アフタヌーンのドレスは袖が長袖ですが、イブニングドレスでは腕や肩が露出するデザインになっています。

これはセミフォーマルも同様で、昼のセミフォーマルではセミアフタヌーンドレス、夜はカクテルドレスとなります。

 

大きな違いは、「袖」と「裾」の長さ

セミフォーマルのドレスと、、フォーマルのドレスとの主な違いは、袖と裾の長さ。

セミアフタヌーンドレスでは長袖のフォーマルとは違い、短めの袖になります。

しかし袖がないものはNGで、その場合、ボレロなどで袖を作る必要があります。

夜のセミフォーマルであるカクテルドレスも、昼と同様にスカート丈は短くなります。

しかしあくまで礼装なので、ミニスカートになるのではなく、膝丈前後のスタンダードな長さになります。

 

種類が多いカジュアルのドレスコードとは?

結婚式の招待状に「平服でお越しください」とある場合があります。

この場合、カジュアルを想定する人がいますが、それは間違いです。

実際は平服というのは、略礼装を指します。

略礼装とは、インフォーマルの事。

イメージとしては、入学式などに出席する際のきちんとした服装で、光沢を抑えたいやらしさがない小綺麗な服装を指します。

 

最近は細分化されすぎている傾向が…

最近では、「カジュアル」というジャンルがものすごく細分化されています。

きれいめなカジュアルに限定されるオフィスカジュアル、少しきれいめにまとめたカジュアル、一般的な普段着にあたるカジュアル、さらにその下にノームコアと言われる、パーカーやTシャツといったファッションもあります。

正直良くわからない…というのも無理がありませんが、一番は失礼がないようそれなりの身なりに見える服装にすることを心がけていきましょう。

和装にもドレスコードがある

洋装だけでなく、和装にもドレスコードがあります。

和装にも正礼装や略礼装にあたる格は存在し、それに応じたTPOでの着用が望ましいとされています。

洋装と違うのは、袖の長さなど、既婚や未婚で違うドレスコードも存在している点。

和装ならではのドレスコードも存在するため、結婚式など、特に気をつけて着物の格や色を選びましょう。


【PR】

※当社ファレコ直営のネットレンタルショップです※
結婚式・2次会向けのレンタルドレスや、コスプレ系コスチュームを低価格でレンタル予約!!