フォーマルレンタルドレスのページヘッダー画像

礼装にもさりげないオシャレを

フォーマルとは、正式な様、格式張ったという意味で、ファッションの用語では冠婚葬祭時に着用する「礼装」の事を指します。もちろんドレスにも「礼装」と呼ばれるフォーマルドレスがあります。

多くは、「黒」のドレスをイメージされるかと思いますが、近年、色合いが控えめで落ち着いてる比較的に自由な色合い、デザインのフォーマルドレスが増えてきています。ドレスアップでは、さりげなくオシャレの仕掛けが施されているフォーマルレンタルドレスを多種取り扱っています。

フォーマルドレス一覧

 

 

フォーマルドレス選びのポイント

色合いは控えめで、派手ではないものにする

格式高いホテルやレストランでの結婚式では、雰囲気と明るめの色合いの服装が合わない会場が多く、またそういった場所で開かれる結婚式などのイベントは、会社の上司やそれ相応の方が主催する事がほとんどですので、派手さを強調する色合いのドレスは避け、ネイビーやブラックなどシックにエレガントさを出せる色合いのレンタルドレスを選ぶ様にしましょう。

見た目に落ち着きがあるデザインを

フォーマルな場の場合、フレアやフリル、ティアードデザインなど、ヒラヒラとするドレスは品がないと見られてしまいますので避けましょう。また、胸元が空いている、スリットが入っているなど、肌の露出を強調するドレスも同じく避ける様にしましょう。