予想外に高い成功率?お見合いで理想の結婚を目指す!

実は、昔から成功率が高いと言われている婚活方法は お見合い だったりするんです。

一般的に親や親戚がお見合い話を持ってきてくれるというのはもちろん、最近では結婚相談所でお見合いをセッティングしてくれるプランがあったりと、実に様々な形で今日もお見合いは行われています。

でも、実際お見合いってそんなに有効な手段なの?と疑問に感じている人も多いと思いますので、今回色々とリサーチしてお見合いについてまとめてみました!

気にはなっているけど、お見合いってなんか堅苦しいイメージが…
お見合いで結婚ってなんか抵抗ある…

なんていう人は是非参考にしてくださいね!

 

お見合いの成功率はどれくらいなの?

実際、お見合いで結婚した人は、全ての成婚者の中で100人中、10人いるかいないかぐらいと言われているので、お見合い結婚は成功率が低いと思われがちです。

ただ、それでもあえて言います。

お見合いの成功率は結構高めです。

その理由は結構単純なんです。

 

お見合い数自体が少なくなっている。けど成功率は昔から変わらない。

結婚する気がない未婚者が多くなっているからというのもありますし、近所付き合いや親戚付き合いというのも、昔に比べると希薄なものになりつつあるので、お見合いをセッティングしてくれる人が、年々減ってしまっています。

ただ、それでもお見合いに関しては、成婚率と呼ばれる結婚出来る確率というのは昔から変わっていないそうです。

お見合いをした人の80%は結婚までいたっているというデータもあるようですが、色々な結婚相談所やら国勢調査やらを見てならしてみると、だいたい平均50%前後ぐらいの成功率ってところでした。

お見合いをした2人に1人は結婚できているって計算ですが…これってかなりの高確率じゃありませんか!?

お見合い自体が少なくなってしまっていても、成功率が変わらないのであればチャレンジしてみる価値はあるかと。

 

結婚したいという意志が強い人がお見合いをするから

婚活パーティーでも、結婚したい!と強く思っている人はいるにはいると思いますが、昨今の婚活市場はどうやら恋愛から結婚に行き着きたいと考える男女が多いと言われています。

対してお見合いの場合は、最初から結婚を前提にお付き合いをしてみるという所からスタートするので、語弊がある言い方になりますが、婚活パーティーなどで知り合った人とのお付き合いよりも、先を見た状態でお付き合いをする事になります。

なので、お見合いの方が成婚にいたる可能性が高いというわけです。

 

紹介された場合、断りづらいから

ものすごく言い方が悪いですねこれ(笑)

相手がイマイチ微妙な印象だったとしても、紹介してくれた人たちの手前、断りづらくなり、結果、ピンときてなくても結婚を前提にお付き合いをせざるを得ない状況になりやすいです。

その為、成婚率が高いと言われています。

 

あえて断りづらい状況に身を置いて、「縁」を掴むというやり方はアリ!!

冷静になって今までの交流関係を考えてみてください。

自分の友達や前の恋人などを思い浮かべてください。

男性でも女性でも、第一印象から「この人超いい!!」って思った人、なかなかいなくありませんか?

パッとしなかったけど、一緒に出かけてみたり、遊んでみたら「あっ…意外にこの人いい…」なんていう出会いの方が多かったりしません?

お見合いというのは、断りづらい状況に置かれてしまうものですが、逆に考えるとマンツーマンで誰にも邪魔をされないので、相手の方と縁を結びやすい状況でもあります。

 

お見合い相手の最適な選び方は?

お見合いは恋愛と違って、お互いに何も知らない状態から結婚を前提に話をする為、お見合い相手のいいところをどんどん見つけていく必要があります。

なので、お見合い相手は自分の理想通りの人を見つけてもらうというより、なんとなく気になった人をお見合い相手に選ぶのをオススメします。

理想通りの人となると、勝手にそのお見合い相手の印象のハードルを自分で上げてしまい、その人の本来の良さというのに気づけないまま、お見合いが終わってしまう可能性が非常に高いです。

どうしても譲れない条件は1つに絞る

婚活パーティーなどもそうですが、お見合いはマンツーマンの出会いになる為、まさに「会ってみないと分からない状態」です。

なので、条件を絞り込みするのはナンセンスです。

どうしても譲れない条件というのがあるのであれば、1つだけにして相手を探してみましょう。

年収や性格、趣味など、どれでもいいのですが、まずは1つに絞り込みましょう。

 

お見合いのマナーについて

お見合いの場だからといって、これを気をつけなくてはいけないといった特殊なマナーはありません。

ただ何度も言いますが、お見合いに参加する人たちは、結婚を前提にしたお付き合いをしたいと考えて、お見合いを受けています。

なので、結婚する気がないといった話であったり、自分や相手に全く関係がない話をするのは、常識的なマナーとしてやってはいけません。

相手を知る、自分を知ってもらう為の会話をする

まずは相手の事を知るために、趣味であったり、好きなものであったり、休日の過ごし方など、よくドラマとかでもある様なベターな質問をしてみましょう。

大体は男性側がリードしてくれるものではありますが、男性でも緊張される人もいるので、自分からも積極的に聞きにいく姿勢を常にとっていける様にしましょう。

 

まとめ

最後に、実はワタシ。

●年前にお見合い結婚しております。

母が持ってきてくれた話だったのですが、数人いる中でなんとなく今の旦那さんの写真をパッと見て、母にろくになにも聞かずお受けして、何回かデートして、そのまま結婚という流れだったので、紹介した事通りの流れで結婚した生きた事例でもあります(笑)

お見合いというのは堅苦しいイメージがあるかと思いますが、意外にそんな事はないので積極的に利用してみるのはありです。

婚活の手段の一つとして、検討してみる事をオススメします(^^)

 

 


【PR】

※当社ファレコ直営のネットレンタルショップです※
結婚式・2次会向けのレンタルドレスや、コスプレ系コスチュームを低価格でレンタル予約!!