好きなタイプ=自分に合うタイプってわけじゃない ってホント??

はじめまして。心は永遠の少女、アラフォー主婦です。

突然ですがみなさん。

「好きな男性のタイプ」ってハッキリしてますか?

それと実際にその好きなタイプの人を好きになったり、付き合ったりしていますか?

私的には、好きなタイプと「自分に合うタイプ」は全く別ものだと思っています。

その理由を自分の経験を踏まえてご紹介してみたいと思います

今、好きな人がほしいけどそういう人が見つからない…というよくあるお悩みを持っている女子のみなさんは是非ご覧になってみてください!!

 

好きなタイプは、『無い物ねだり』の場合が多々

私は若い頃、「好きなタイプは?」と聞かれた時はずっと、強引な人と言ってました。

強引な人が好き…といやらしさを感じさせる事を平気で豪語していた私ですが、その理由は単純。

自分が率先して何でもやっちゃう性格なので、甘えれて頼れる人に癒してほしいなーっ、私を引っ張っていってほしいなーって思ってたわけです。

毎回彼氏を連れ回してリードするのも疲れる…という状態だったので、なおさら強引に私の事をひっぱっていって!っていうのに憧れていたわけです。

実際に強引な人と付き合ってみた結果…

そんな中、一人だけ常に引っ張って行ってくれる人と良い感じになれた時期がありました。

正直これは運命か!?と思いましたね(笑)

でも、何度かデートしてみたのですが…

私がしたいことと合うときはいいんですが、意見が合わない時はその強引さに腹が立ってケンカばかりでした。あはは…。

結局、その人とはうまくいかず、付き合うまでもなくさよならをして悟ったわけです。

私は私が自分で彼氏を引っ張って行く方が性に合ってるって。

単純に、無い物ねだりしていただけなんですよね。はははは。

 

その結果…私が選んだ人は…

そんな事があったからか、今のダンナは残念ながら私の好きなタイプとはかけ離れている、2歳年下の甘えん坊です(笑)

でも特に大きな不満がなく円満にやってます。(と自分では思ってます。笑)

 

そもそも「好きなタイプ」っていうのはあるの?

とある情報では、日本の女性の8割は、好きになった人が好きなタイプだそうです。

それを聞いて私もすごく納得しました。

学生時代、好きになった人が眼鏡をかけていて、それからしばらくは「好きなタイプは眼鏡をかけた人」でした。

昔からバンドや音楽が好きで、好きなアーティストも多かった私は、やせたバンドマンタイプが好きで「好きな体格は?」と聞かれたら「痩せてる人!」って答えてましたが、今のダンナを好きになって、「筋肉がついた男らしい人」が好きになりました。(ダンナはプチマッチョタイプ)

結局、私も「好きになった人が、好きなタイプ」だったんです。

だからあんまり好きなタイプという枠組みにとらわれない方がいい恋愛が出来るかもしれませんね。

好きなタイプよりも「自分に合うタイプ」を優先した方がいい

確固たる「好きなタイプ」を持ってる人もいるかもしれませんが、日本女性の多くは、私のように「好きになった人が好きなタイプ」型だと思うんです。

だったら「好きなタイプ」を語る事は意味が無いだけじゃなく、例えばこれから好きになれる人を探す時なら、可能性を狭める事にもなってしまうかもしれませんよね。

自分に合うタイプというのが分からない場合は、持論ですが…

一緒にいて気疲れをしない人を探してみましょう。気疲れしない人がいたら、その人がはアナタに合うタイプの人です!!

好きなタイプというのは、自分の理想を練りに練れちゃうものなので、自分に合うタイプというところ一点に絞って考えてみた方が、たくさんの可能性がうまれると思いますよ!

まとめ

自分が楽でいられる相手を。

自分らしく居られる相手を。

自分が楽しくいられる相手を。

自分が「この人大好き!」って思える相手を。

それが「(今の)好きなタイプ」です!

女子ならそれぐらい自由に恋愛を楽しまなきゃ損ですよ♪


【PR】

※当社ファレコ直営のネットレンタルショップです※
結婚式・2次会向けのレンタルドレスや、コスプレ系コスチュームを低価格でレンタル予約!!