婚活疲れによる「婚活うつ」にならない為の方法

婚活パーティーにいってもうまくいかない…。
マッチングサイトやアプリを使ってもいい人に会えない…。

「婚活」を頑張っている女性のみなさんの中で、頑張っているのに報われない事で、精神的に辛くなったり、もうやる気がしない…と落ち込んでしまったりしている人もいるかと思います。

最近では、あまりにも婚活がうまくいかなすぎて、「うつ状態」に近い症状が出てしまう「婚活疲労症候群」(婚活うつ)も深刻な問題になりつつあるようです。

婚活うつになってしまう原因は、その名の通り「婚活」がうまくいかない事で精神的に追い詰められてしまっている状況にあります。

なので、結論からいうと、婚活うつにならない為には

婚活に対する意識と姿勢を変える事

が重要です。

今回は、そんな婚活疲れ気味なみなさんに、具体的に婚活に対しての意識と姿勢をどう変えていけば、婚活うつになるのを防ぎ、出会いのチャンスを広げられるのかをご紹介します。

※万人受けする方法ではないかもしれませんが、少なくても私や私の友人はこれらを意識して実行した事で、何とか婚活に成功しましたので、決して参考にならない…という事はないと思います!

婚活をしているのは何故? その意味を考えてみる。

あなたが「婚活をする目的」ってはなんでしょうか?

将来の安泰の為ですか? 子供が欲しいからですか? それとも、高年収のイケメンと楽をしながら幸せに暮らしたいと思っているからですか?

どんな理由があるにせよ、あなたは今、なんで婚活をしているのかを一度考えてみましょう。

 

倫理観とか常識とかにとらわれないで「素直な自分の気持ち」を考える

例え自分の結婚をしたいという気持ちが、倫理的にやばい…常識的におかしい…という理由だったとしてもいいんです。

どういう気持ちで、結婚したいと思うのかは本人の自由ですし、そこで変に体裁を整えようとして、自分の素直な気持ちを歪めて考えてしまうと、婚活に対してストレスを感じやすくなってしまいます。

まずは、自分がどうして結婚をしたいのかその理由を明確にする事が大事なんです。

出来れば、それを何かに書き出して、読み返して本当に自分の気持ちなのかどうかを確認してみるといいでしょう。

 

自分の気持ちを「他の婚活女子が思っている事」に例えて考えてみる

自分の気持ちが分かったら、他の女性が自分と同じ事を思っていると例えて、その女性がなんで婚活がうまくいっていないのかを考えてみましょう。

例として、収入は高くなくてもいいけど、背が高くて、鼻筋がきれいで、優しくて、包容力があって、貯金が1000万くらいある人と結婚したいと、あなたは思っているとします。

それと全く同じ気持ちを持っている架空の友人「Aさん」がいて、そのAさんから「婚活がうまくいかない…」と相談をされたという設定で考えてみるといいでしょう。

そういった形で、客観的に自分の状況を考えてみると、何がダメだからうまくいっていないと自分は思っているのかが分かるようになります。

そうする事で気づける事も多くありますし、だいたいの人は

私、高望みしすぎてたし、力、入れすぎてた…と思うはずです。
(実際、私はそうでした)

 

客観的に見つめるとストレスが軽減

この様に客観的に自分を見つめるという事だけで、力みすぎていた部分や問題だと思う所が洗いざらい出されるので、そこを直せば私いけるかも!とモチベーションを上げる事が出来ます。

理由が分からない状況で失敗すると、ストレスだけしかたまりませんが、この方法を使えば、理由が明確になる事でストレスを軽減出来ますので、かなりオススメです。

 

結婚はゴールじゃなくて「始まり」だという事を再認識する。

婚活パーティーやマッチングサイト・アプリは、結婚を意識している人たちが集まっている場所というだけで、何気なくある出会いのきっかけなだけと考える様にしましょう。

あえて言いますが、結婚する事が目的になってしまうのは非常に危険です。
その気持ちを持って婚活パーティーなどに参加をすると、たいてい失敗します。

 

その後の生活を期待している人が多数

結婚を意識している人というのは、結婚をゴールにしておらず、結婚をしたその後の生活に期待をしている人が大多数を占めています。

その先のビジョンを考えていない婚活は、相手に見透かされて全く相手にしてもらえない可能性が高いので注意が必要です。

 

「誰とでも積極的に会う」というスタンスで行くのもアリ

婚活パーティーを主に婚活をしている人によくありがちなのが、男性の印象をその場で決めつけてしまうという事。

正直、たかが半日程度。いや、時間で言えば1時間にも満たない程度で人の事が分かれば苦労はしません。

第一印象は重要ではありますが、第一印象だけで決めてしまうと後々「想像と違ってた…」「こんなはずじゃなかった…」など思ってしまう事が多々あります。

 

絞り込むのは、逆に可能性を低くしてしまう

悪い言い方になってしまいますが、あまりにも条件を絞り込みすぎてしまうと、効率化を図っている様で、実はいつもハズレばかりを引いてしまう可能性が高くなりがちです。

もちろん、条件を広げると該当する人が多くなるので、話したり選ぶのも大変にはなりますが、その分可能性が広がるので、結果的にその方がいい相手を見つけやすくなります。

※これは婚活系サイトや相談所でよく言われる事ではありますが…意外に実行できないものですよね…私もそうでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こういった形で、婚活に対する意識や姿勢を変えるだけで、婚活疲れを軽減させる事が出来ます。

幸せになる為に婚活をしているのに、気持ちが落ち込んだり疲れてしまっては元も子もありません。

たまには一人で映画を見に行ったり、お出かけして気持ちをリフレッシュするというのも有効ですので、婚活中は自分の精神衛生を保つ事を意識しながら活動する様にしていきましょう!

 


【PR】

※当社ファレコ直営のネットレンタルショップです※
結婚式・2次会向けのレンタルドレスや、コスプレ系コスチュームを低価格でレンタル予約!!