その服、結婚式に着ていける?選ぶ直前にマナーをチェック!

結婚式や披露宴に招待されたら、女性ならちょっとウキウキしてしまいますよね♪

素敵なドレスでオシャレして、会場の雰囲気を華やかにしてあげるのが、女性のマナーです。

ですが、結婚式は冠婚葬祭の場!

パーティーとは違うマナーが存在しています。

お気に入りのドレスを見つけても恥をかかないよう、選ぶ直前にしっかりとチェックしておきましょう!

白はダメ、でも白っぽくてもダメ

花嫁の色とされる白い服はNGなのは有名なマナー。

ですが、白っぽい服も遠慮しておいた方が無難です。

アイボリーや薄いベージュなど、遠目に見たら白にも見えるなんて色は避けた方がいいです。

昔のようにウェディングドレスは純白とは限らず、肌になじみやすいアイボリーを使用することも。

会場の照明具合によっては、花嫁よりも白い服に見えてしまうかもしれません。

ただ、色が濃いものであれば、ベージュでも問題はありません。

何度も言いますが、「白く見えてしまう色」は避ける様にしましょう。

 

誤解されない様に選ぶ事が重要

写真を取ったらフラッシュの効果で、真っ白に見えてしまうこともあります。

もちろん淡いパステルカラーなど、色がついたものは大丈夫。

誰が見ても誤解のない色を選ぶのがポイントです。

 

黒ドレス・柄ドレス・パンツスーツ

白はNG、実は黒々としたドレスもややNGです。

昨今は黒のドレスや服でもマナー違反ではないと言われるようになっていますが、黒い服はお葬式を連想させるからマナー違反だ!と思う人は少なからずいるのは事実です。

でも、黒ドレスはシックな色合いからオトナの女性なら一度は着てみたいもの。

黒ドレスを選ぶなら、喪服の様に見えないデザイン、刺繍が入っているデザインなど、黒々しいドレス以外のドレスを選ぶ様にしましょう。

アクセサリーや小物は、黒以外のものを選べばモアベストです。

カジュアルな柄のドレスもNG

キレイな花柄や、カラフルな柄が入ったドレスもやめておきましょう。

友人だけのパーティースタイルならアリですが、柄物は基本的に「カジュアル」なため、セレモニーにはふさわしくありません。

 

正装は「着物」「スカート」

デザイン性の高いパンツスーツも沢山ありますが、女性の正装は基本的に着物かスカートです。

こちらもカジュアル路線なため、厳かな式や年配の方もいらっしゃる披露宴ならやめておいた方が無難です。

 

試着したら膝を曲げてみて!

上品なワンピースドレスを見つけて試着、サイズもピッタリ!と、運命の服に会えたとしても、少し膝を曲げ、スカート丈をチェックしてみてください。

デザインによっては、着席時に太ももまで足が丸見えなんてことも!

露出し過ぎる服装はNGなうえ、異性や年配の方からはいい顔をされません。

披露宴で着席してから気付き、ずっと恥ずかしくてお祝いどころじゃなかったなんて嫌ですよね。

鏡でチェックするのを忘れずに

自分の目線だけでは気づかない事もありますので、お辞儀をしてもスカートの裾が上がり過ぎないか、胸元が見えすぎないかを、鏡を使って遠目や近めで確認する事を忘れにないでください!

 

まとめ

女性の服装マナーはなかなか難しいもの。

ですが、マナーのない女性には見られたくありませんよね。基本を押さえておけば難し過ぎることはありません。

まずは選ぶ時、試着時にもしっかり確認しておきましょう。

マナーは相手を気遣う気持ちです!

「失礼がないように」と丁寧に選んだ服装で、相手への大切な気持ちを伝えてくださいね。


【PR】

※当社ファレコ直営のネットレンタルショップです※
結婚式・2次会向けのレンタルドレスや、コスプレ系コスチュームを低価格でレンタル予約!!