レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > 婚活の成功率は10%以下!? 成功率をあげるための9つのポイント

婚活の成功率は10%以下!? 成功率をあげるための9つのポイント

婚活の成功率は10%以下!? 成功率をあげるための9つのポイント

 

婚活とは「戦い」である。

 

by 私。

 

 

先々週に引き続き、今週も婚活を頑張っている20代後半独身貴族の私が書きます。

 

今週の中頃、結婚アドバイザーの人から「婚活は10%成功するかどうかくらいに思っていた方がいい。」と言われました。

 

最初、えっ!?って思ったんですけど、普通に考えてみたら当たり前なんですよね。

 

だって、結婚を前提にお付き合いをする意中の人を見つける事からスタートして、そこから一つの目標である「結婚」までたどりつく…自分の人生を決める出来事がそんな高確率で成功するわけなんてないんです。

 

 

でも、たとえそうだとして、少しでも婚活を成功させる可能性をあげておきたい!と願うのが婚活女子というもの。

 

可能性をあげる為にどういったことをするべきかを、結婚アドバイザーの人に相談した内容と自分で調べた内容をミックスさせた、いわば「婚活女子の心得」を今回一挙にここでご紹介したいと思います。

 

ポイントは9個とわりかし多めですが、むずかしい事は一切ないので是非参考にしてみてくださいね♪

 

 

初対面の人には必ず「笑顔」

初対面の人には必ず「笑顔」

 

これは婚活をしていてもいなくてもですが、第一印象をよくする為に必須な事です。

人の第一印象は「見た目」で8割9割決まります。 見た目というと、服装やらメイクやら力を入れてしまうかと思いますが、一番印象に残ると言われている第一印象を、都度変わってしまうメイクや服にしちゃったらもったいなさすぎます。

 

一番残ってもらいたいのは「自分自身」のはずです。だからこそ、「笑顔」が重要なんです。

 

※以前に、好印象を持ってもらうテクニックをまとめたブログを紹介していますので、そちらもあわせて見てみてください♪

 

「笑顔」は人の記憶に残りやすい。

人は「笑顔」の人を見ると、体温が上昇し血行がよくなる事が科学的に証明されています。

 

体温が上昇する = 気分が高まっている = 嬉しい感情や楽しい感情が芽生えている

 

という事なので、第一印象を「笑顔」にする事はとってもとっても重要で効果が高いんです。

 

なので、初めて会う人には笑顔で挨拶をする様にしましょう。

 

 

メイクや服装に気合を入れ過ぎない。

メイクや服装に気合を入れ過ぎない。

 

婚活パーティーで、メイクや服装にかなり気合を入れている人とか見たことありませんか?

さすがにあんまり気合いをいれすぎてるとちょっと周りから浮いちゃってたりしますよね。

 

でも、婚活パーティーはゴールではありません。例え、婚活パーティーで意中の人が見つかったとしても、婚活パーティーの時と普段とで差が激しすぎると、お付き合いが続かない可能性が高くなってしまいます。

 

 

普段より「ちょっとだけ」気合を入れるぐらいがちょうどいい。

パーティーに参加する際、やっぱり最初は気張ってしまうもの。悪くはないのですが、あまりにも気負いしすぎると逆に引かれてしまう可能性もあります。

 

それでもおめかししたいのが女子という生き物ですので、「ちょっとだけ」気合を入れたメイクと服装にする事を心がけてみましょう。

 

普段とのギャップを縮めておいた方がお付き合いまで発展した時に、何の違和感を感じさせる事なくお付き合いをすすめる事ができます。

 

私のオススメはやっぱり婚活リップを使ったナチュラルメイクですね♪

婚活リップについてはこちらのブログでご紹介中です\(^o^)/

 

 

 

どの出会いも大切にする。

どの出会いも大切にする。

 

みなさんは、好みの人がいたらその人だけに集中して話しかけたりしていませんか?

 

極端な話、男女問わず婚活に参加している人全員との出会いを大切にする事で、婚活の成功率を上げる事が出来ます。

 

特に「同性の参加者」との出会いを大切にする事がポイントです。

 

 

「婚活仲間」がいると婚活の成功率が上がる?!

婚活をしているのに、何でライバルである他の参加者の人との出会いを大切にする必要があるの?と不思議に思ったかもしれませんが、他の参加者の人はもちろんライバルでもありますが、その前に同じ目的の元集まった「婚活仲間」です。

 

婚活仲間を作る事で、情報交換をしたり、その人なりのコツを聞けたり、はたまた婚活がうまくいかない時のうさばらしに女子会を開けたり、もしかすると婚活仲間から新しい出会いが広がる可能性もあります。

 

もちろんメリットだけでなく、ライバルであるが故にここはゆずれない!という時もあったり、婚活仲間との時間の方が楽しくなってしまったりするといったデメリットもありますが、1人で婚活に励むよりも確実に心に余裕が出来ますし、心の余裕がある事で焦りが出ず、常にリラックスした状態で婚活をする事が出来る様になるはずです。

 

 

 

相手の良いと思うところをすぐに見つける。

相手の良いと思うところをすぐに見つける。 

人には絶対に一つは良いところがあります。自分が長所と思っているところをホメられるとその人の事好きになっちゃいませんか?(笑)

 

好きになるかはさておき、自分の長所であったり、自分は普通と思っている事でもホメられるとそのホメてくれた人に対しての印象はかなりよくなりますよね?

 

なので、これを婚活に活かしましょうというのがこのポイントです。

 

顔立ち、仕草など外見的な良いところはすぐに出てくると思いますが、内面的な良いところはなかなかわかりません。

 

そこはどうやって見つければいいの?と私も思っていましたが、結婚アドバイザーの人からとってもいい方法を教えてもらいました。

 

知っていても「知らない」と言う事で、相手の内面を引き出す。

目からウロコな話でした。内面的な良いところを見つけるには「会話」が手っ取り早いです。

会話から内面的ないい部分を引き出すには、相手にお話をしてもらう必要があります。

 

なので、知っている事の話題が出たとしても、あえて「そうなんだ!知らなかった!」といった感じで自分はあんまり知らないという事にしておくと、相手の人は色々話してくれます。話を聞いて、「すごーい!」とホメたりするのも効果的です。

 

そういった会話の中から、相手の内面を探ってみましょう。

 

 

男性の短所は「自分の手助けが必要なところ」と思う。

こちらも結婚アドバイザーの人から教えてもらった、相手の良いと思うところを見つけるポイントです。

短所を見つける事と、良いと思うところを見つけるポイントは真逆だと思われると思いますが、実はそうではありません。

 

その短所を、自分がフォローすべき所として考える事で、短所ではなくなりお付き合いする上での長所として捉える事が出来るからです。

 

要は「んもぉ! 私がいないと何も出来ないのね♥」といった所を見つける…って事ですね。

 

 

一度の出会いでやりきらない。

一度の出会いでやりきらない。

 

運命の出会いは一瞬。

 

だからといって、たった一度の出会いの場で全てを決めようと思うと大抵上手くいきません。

 

理由は単純です。

 

 

人には受け入れられるキャパがある。

例えるなら、人はグラスの様なもので出会いはお水の様なものです。人によりグラスの大きさは違いますし、お水を飲むペースも違います。

 

グラスに水を注ぎすぎるとこぼれちゃいますよね?飲むペースも違うので、人によっては飲みたくても飲めない時もあります。無理に飲んでもおいしく感じることもないので、次も飲みたいと思わなくなってしまいます。

 

そんな時は、一旦間を開けておかわりを誘いましょう。つまりは、次に会う機会を作る。という事です。

 

例として、婚活パーティーのフリートークの時に、人気がある男性が気になる人の場合、トークは短めにして最後に

 

もっと話したいけど、大変ですよね。よかったら今度お茶誘ってもいいですか?

 

といった様な形で、相手の事を気遣いつつ、別の日に会ってみたいという旨を伝えてみましょう。

 

 

 

常に前向き。

 常に前向き。

婚活に成功した人は数多くいます。そういった人たちを妬んでしまう気持ちが出ても仕方がないところですが、いくら妬んでもいい出会いは見つかりません。

 

なので、そんな気持ちはポイポイしちゃいましょう。

前回書いた婚活がうまくいかない時の見直しブログの中でもいってます ポイポイしちゃう は密かにマイブームになってます(笑)

 

うまくいかない時は、「縁がなかった」と前向きな気持ちへと切り替える事と、何で失敗したんだろう…と自分を客観的にみて考えてみましょう。

 

 

自分を客観的に見るのが難しい時は人に頼る。

私事ですが、自分の何が悪いんだろう…っていう時に頼るのは、未だお見合いを勧めてくる「母」です。

 

ウチの母は何でもかんでもズバっと言ってくれる友達の様な人なので、実家に帰った時に「失敗した~うまくいかない~」と相談をすると、

 

「あんた化粧濃すぎ」

「どうせ無茶苦茶な事いったんでしょ?」

「男を立てるって言葉知ってる?」

 

といっておきながら、最終的に、

 

「選ぶなんてあんた何様?」

「つかまえちゃえばどうとでもなるのよ!」

 

など、毎回、痛烈なダメ出しをくらって、泣きそうになりながら実家を後にする事もしばしば…。

※その陰で、父がシュン…としながらテレビを見ているかビールを飲みながら、完全にアウェイ感を出しているのが恒例です。

 

母は強し…ですね。

 

そうやって自分を客観的に見てモノをいってくれる人がいるともちろん凹みはしますが、そこを直せばうまくいくかも! と前向きな気持ちに切り替えがしやすくなります。

 

 

思わせぶりな態度をとってみる。

思わせぶりな態度をとってみる。

 

人は思わせぶりな態度や素振りを見せられると、急激に意識をし始めると言われています。

 

どうやら女性よりも男性の方がその気が顕著に出るそうなので、「私、全然○○さんとだったらお付き合い出来ちゃいますよ。むしろしてみたいな。」と軽い感じで言ってみると、その人はアナタのことを急激に意識しはじめるはずです。

 

そこからうまくいくかいかないかは流れ次第ですが、もしうまくいかなかったとしても「ちょっと残念だけど冗談ですから気にしないでくださいね♪」と切り返せば印象は決して悪くなりませんし、「あっ残念に思ってくれてるんだ…」と可能性を残した状態にする事も出来ます。

 

 

ちなみに余談ですが、ついこないだコンビニでお菓子を選んでいる時に、後ろから「すいません」と言われて、すっと私の右側にあったミンティアを取っていくダンディな男性がいらっしゃって、「もしかして私の事気になっている!?」と思い込み、コンビニを出るまで意識をしちゃっていました(笑)

 

 

これは自意識過剰ってやつですよね…。

 

 

 

婚活 = 恋活 として考える。

婚活 = 恋活 として考える。

結婚と恋愛は別物として考える人は意外と多いです。私の周りでもそういった考えをもっている子がたくさんいます。

 

もちろん、自由恋愛から結婚…というのが色々な理由で難しいからこそ婚活をしているわけですが、結婚と恋愛を完全に切り離して考えてしまう事で、もしかするとあったかもしれない自由恋愛からの結婚という機会を潰してしまっている可能性もあります。

 

その理由は…

 

男性は結婚願望よりも、恋愛感情を優先する傾向がある

私が夏に参加した婚活パーティーにいらしたとある男性は、

 

「結婚をしてないとおかしい年齢になってしまったから参加してみた。」

「結婚願望がものすごくあるというわけではない。」

 

とおっしゃっていました。

 

また、恋愛心理学から見ると男性は、自分の全てを受け入れ認めてくれる女性を求める「承認欲求」を持っている為、人から結婚願望を押し付けられる事で、自身が置かれている状況を窮屈に感じてしまい、逆に結婚をしたがらなくなるという心理が働きます。 

 

つまり、結婚をする事前提で男性と近づいてしまうと、逆に目的から遠ざかってしまう可能性があるという事です。

そうなってしまうと元も子もありません。

 

だからこそ、最終目的は結婚ですが、まずはその手前のよいお付き合い、恋愛を始める事を意識してみるようにしましょう。

 

 

婚活を続ける。

婚活を続ける。

最後のポイントは、諦めないで「婚活を続ける」事です。

これは結婚アドバイザーの人にも言われました。

 

下記参考記事では、婚活の成功率は2年目から上がる!という話ですが、きっと、今まで挙げてきた成功率アップのポイントを含めて、婚活というものがどういうものなのかを理解して、どうやって出会いを掴めむかというコツをつかむまでに、おそらく1年かかるという事なのだと思います。

 

 

▼参考記事▼

諦めないで!婚活の成功率は2年目からグッとあがる  -J・SPA!-

 

 

また、婚活が続かない…うまくいきそうにない…と思った時は、婚活がうまくいかない時に見なおしてみる事を書いたブログも紹介しましたが、何で婚活をしているのかをまず一度冷静になって考えてみましょう。

 

まとめ

 

いい出会いがないと、「婚活をする事が目的」になりがちになってしまいますが、目的は素敵な人と巡りあえる事で、婚活はあくまでも巡り会えるきっかけを作ってくれる「手段」なんだと考えると、この心得はスッと入ってくるはずです!

 

さぁ!みなさん。私と一緒に素敵な出会いを見つけちゃいましょう♪