レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > 冬の結婚式の防寒対策♪ コートは「○○○」がベスト!!

冬の結婚式の防寒対策♪ コートは「○○○」がベスト!!

冬の結婚式の防寒対策♪ コートは「○○○」がベスト!!

 

さむっ!!

 

みなさん、体調は大丈夫でしょうか?私は先週から風邪っぴきです。

 

近年、暖冬とは言っていても、寒いものは寒いですよね。先週の18日はドレスアップがある恵比寿でも雪が降っていて(朝には雨になってました)、さらに風邪が悪化し一段と寒気が増してます。

 

そんな中、これから3月に入るまでは結婚式の第2のオフシーズンになりますが、冬に結婚式を挙げなければいけないというご友人やご同僚がいらっしゃる人も少なからずいらっしゃるはず。

 

 

そこで今回は、冬の結婚式にゲストで出席する際の防寒対策の基本であるコートを選ぶ時に、ここを気にするべきよ!というポイントをみなさんにご紹介したいと思います。

 

 

何でこんな紹介をするかと言いますと、その理由はカンタンです。

 

冬はものすごく寒いから。

 

…カンタン過ぎて説明をするのもどうかと思うくらいですね。ははっ。

 

みなさんは、会場が暖かいからへーきでしょ!と思って、コート選びや防寒対策をせず当日を迎えて、「やばい…寒すぎて外に出れない…」なんて後悔した事はありませんか? 私は1度や2度じゃすまないくらいあります(苦笑)

 

以前、雨の日に結婚式に参列する際のポイントを書いたブログでもみなさんにお伝えしましたが、前もって準備しておくことで、後悔せずにお祝いすることができるようになりますので、この時期にお呼ばれされた時はしっかりと準備を整える様にしておきましょう。

 

 

 

寒さをしのぐコートは『タイト』なもので!! 

寒さをしのぐコートは『タイト』なもので!!

タイトなコートをチョイスする。

 

これが、冬の結婚式に出席する際のコート選びの基本です。

 

あたたかい季節だと、冷房対策のショールなどをドレスにプラスすれば、移動中も苦に感じることはないですよね。しかし、冬場はそうはいきません。

かといって、ダウンコートなど普段着ているコートは、結婚式という場面やドレスのアウターとしてはふさわしくないですよね。

 

そこで、 ドレスにあったアウターとしてピッタリで、あったかさ・保温性も兼ね備えるコートの最適解は、フィット感が高いコート。

 

これ一本につきるというわけです。

 

 

薄地でも、身体との隙間がなくなると寒くない!!

何でフィット感が高い、タイトなコートがいいのかというと、生地が身体にフィットしている事で、冷たい空気や風が入り込む隙間が無くなり、自分の体温が体を温めてくれるからです。

 

本当に?? と疑っちゃう人もいると思いますが、これは私たち女子なら絶対に体験した事があります。

 

 

そうです。

 

297041ee61e2119cbfab181f23c0ecc3_m

 

 

冬の防寒対策の第一弾である、タイツの着用と同じ理屈なんです。

 

タイツを履くと暖かくなるのも、肌とタイツが密着する事で、空気が入り込む余地をなくし寒さをしのいでくれているからなんです。

 

そう思うと、タイトなコートが防寒に優れているっていうのを理解してもらえると思います。

 

 

コートのデザインはおこのみでOK♪ 

 

タイトなコートが防寒対策としてベストだと分かった所で次はデザインです。

デザインの好みなどが出てくるかと思いますが、よっぽど奇抜なデザインじゃないかぎりなんでもOKですので、悩んだらどのシーンでも使える黒のフォーマルなロングコートを1着用意しておくと便利です。

 

でも、「黒はイヤだ…」と思う女子も少なくありません。私もそんな女子の一人です。

 

当レンタルドレスショップ「ドレスアップ」で、コートのお取り扱いがないのがとても残念なのですが、もしコートのレンタルを始めたとして、私が商品を選べるのであれば、確実にチェスターコートをオススメしちゃいます♥

 

 

チェスターコートは万能コート♪

1685-8n出典:http://item.rakuten.co.jp/

 

 

絶大な人気を誇る秋冬の定番アイテム「チェスターコート」。メンズライクなイメージがありますが、形状がかっちりしていてフォーマルな雰囲気ももっているので、どんなシチュエーションでも着れちゃう万能コートとして、レディースでも人気が高いです♪

 

 

毎年、暗めの色が流行りがちですが、ドレスアップをしているなら、個人的にはベージュの様な強調しないけど、明るめの色のコートをオススメします!!

 

 

 

 

暖かいからと言っても、ファーや毛皮類はマナー違反

時代的にもう『ファーでもあり』という意見もありますけど、そこは最低限のマナーとして守っておいた方がベストです。どんなものでも、ファーや毛皮が着脱可能なものは外してから、着る様にしましょう。

 

自分の結婚式ではないので、「あっ…この子痛い子だわ…」なんて思われたら呼んだ側の新郎新婦的にもちょっと気まずいですし。

 

 

また、これは持論ですが、花嫁さんの「次の次の次ぐらい」に目立ってやろう!というくらいの軽い気持ちでいた方が結果オシャレに見られやすいと思います。

 

 

 

コートを着ても寒い…と時の裏ワザ

 

いくらベストマッチなコートを来ても、寒いものは寒いもの。

そういった時に使える裏ワザがあります。

 

いや裏ワザというほどではないのですが…ちょっとした着こなしをプラスすると、さらにバッチリな防寒対策が出来ます。

 

 

「カーディガン」で保湿&保温効果アップ!! オススメは「ニット」♪

 カーティガンはどんな服装にもマッチしやすい形状で、身体との間に隙間が生まれにくく、脱いだり着たりしやすいのでドレスアップ時の防寒対策にすごくオススメです。

 

ちなみに、ニットカーディガンは保湿性が高いので、乾燥しがちなこの季節の防寒対策にベストなチョイスです♪

 

 

 

 

まとめ

 

式場のクロークにコートを預けられるからといって、「モコモコ」な厚着をしていくのはよして、今回ご紹介した様な身体にフィットしたコートを着て、防寒&大人なシルエットを目指す事から始めてみませんか?(^o^)

 

ドレス姿の花嫁に合わせ、空調でちゃんと温度調節されている式場につくまでをどうやってしのぐかが、冬の結婚式参加のポイントですので、その中でも最大限オシャレを楽しめる様、しっかり準備をして式に臨むようにしましょう♪