レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > 6月の結婚式「ジューンブライド」にオススメのドレス3選

6月の結婚式「ジューンブライド」にオススメのドレス3選

junebride海外では幸せの象徴であるジューンブライドですが、日本ですと梅雨時でせっかくの結婚式でもがっかりしてしまうこともあると思います。

 

ガーデンパーティのようなスタイルが増えていることを考えると、ご結婚されるお二人のイメージ先行で「呼んでいただけたのはいいけど大変だった」なという人も多いのではないでしょうか?  

 

それでも物心付いた頃から6月の花嫁は幸せになれると言われてきているので、ジューンブライドに違和感を持っていない人も多くいらっしゃると思います。  

 

そこで、6月の結婚式を最大限素敵に迎えていただけるように、ジューンブライドの由来や本場ヨーロッパのジューンブライド事情、そしてドレスアップがジューンブライトにオススメするレンタルドレスをご紹介いたします。

 

 そもそもジューンブライドの由来って?

ジューンブライドが幸せを呼ぶということを言われる理由には諸説あるようです。

その中でも有力なものを3つご紹介いたします。    

 

6月は女神の中の最高神が守護神

6月の守護神は、ローマ神話ではユノ(ユーノー、ジュノー、Juno)、ギリシャ神話ではヘラ(Hera)という女神の最高神です。古代ローマ時代には、6月1日に結婚と出産の守護神であるユノを祀る祭礼がおこなわれ、その祭礼が基になり6月に結婚をすることでユノの加護を受けて生涯幸せになることができるというように伝えられ、以降6月に結婚式を挙げる習慣ができたという説です。

 

むしろ5月に結婚するのがもってのほか!?

6月をユノが守護しているように、5月にも守護神はいます。それがローマ神話のマイア(マイヤ)という豊穣の女神です。そして、マイアは春を司る女神でもあります。  

 

古代ローマに今でいう1月と2月という言葉がないことはご存知でしょうか? 

古代ローマ時代の最初はロムルス暦を使用していますが、農耕暦と呼ばれる農作業に必要な期間のみに日付を与えていたため、3月から12月しかなかったのです。  

そして、1年の始まりである3月から5月(春の間)は農作業に勤しまなければならず、5月までは結婚(式)を行うということができなかったため、農作業の時期が終わった6月に結婚式を挙げるようになったという説です。

 

何よりも天気がいい

ローマ神話だとか守護神だとかさんざん言ってきましたが、ジューンブライド発祥の地と言われているヨーロッパでは6月が1年の中で最も天気が良く、気候も安定しているため結婚式を挙げるのに適しており、日本と違ってカラッとしている天気と、暑すぎない程よい暖かさで出席する人も気持ちよくお祝いできるという説です。  

 

陽気な気候でお祝いムードが高まっているので、たくさんの祝福を受けられることにより幸せになれるに違いありませんね。    

 

 現代ヨーロッパでのジューンブライドは?!

ジューンブライドには、ローマ神話や古代ローマが関わっている説があるので調べてみました、最近のイタリア事情を。  

 

Matrimonio.comというサイトの中で「Matrimonio spose giougno 2015」という、『6月の花嫁2015』のようなコーナーがあったりしました。みなさん6月の花嫁になることに対しての熱い想いを綴っています。ざっと見た感じだと、イタリアでは6月の土曜日は人気が高いようです。

 

ちなみに、2015年4月9日現在、40ページ分も書き込みがされていました。これは盛り上がっていると言っていいのではないでしょうか。 他にも「MATRIMONIO A GIUGNO(6月の結婚式)」という記事でのエントリーがあったりと、日本よりもジューンブライド感が高いのかもしれません。この記事は、6月の結婚式に向けてのおすすめを教えてくれており、導入の部分で「なぜジューンブライドがいいか」を教えてくれています。  

 

「6月は結婚に適している季節の1つです。空気(風)は暖かくなってきているものの決して蒸し暑くなく、雨が降る可能性は非常に少なく空は澄んでいます。(意訳です)」  

 

まさしく、天気がいいから・・・・・・  

 

本当の理由はどうであれ、今もイタリアでは6月の結婚式は憧れのようですね。    

 

 

 日本のジューンブライドで着るべきドレス

6月の結婚式は一生の幸せを花嫁にもたらすものです。それはたくさんの祝福を受けることによって適うとも言われています。 では、天気のいいヨーロッパと違い梅雨時の日本ではどのようなドレスがいいのでしょうか? 

 

そこで、ジューンブライドで着るべきドレスをご紹介いたします。

 

FALECO  キュートピンクカラーワンピースドレス 湿度も高く、暑さも増してきている6月ですので、汗ばむこともあるかもしれません。

そこでふんわりとしたラインのこちらのドレスはいかがでしょうか。色味もピンクですので、時期的にも合いますし華やかさもなくしていません。   何より袖付なので1枚でも着用いただくことができます。

 

 

FALECO アレンジパーティードレス(ブルーグリーン) 夏の時期だけにブルーのドレスを選ばれる人も多くいらっしゃると思います。

ブルーのドレスは意外と合わせづらかったりメイクも大変だったりします。そこで夏っぽさを残しつつ、マッチさせやすいドレスがこちらです。  

ブルーグリーンですので強くなりすぎないですし、場面によってアレンジできるのであなたならではのスタイルで着こなすことができます。  

 

 

    Exquis ピンクフレアドレス ゆったりとしたシルエットではあるものの、全体のラメ感が華やかな印象を与えてくれます。

ですが、過剰な雰囲気はなく落ち着いた中にある華やかさですので、シーンを選ぶことなくお召いただけるドレスです。袖付ですので、ショールなどなしでもお使いいただくことができます。

 

 

 

 

まとめ

ジューンブライドについていかがでしたでしょうか? ヨーロッパでは多くの祝福を浴びられるようにと選ばれ、日本では天気が悪くなる確率が高くても選ばれる。ジューンブライドには花嫁の「一生この人と幸せになりたい」という思いが他の月よりも多く詰まっているように感じます。6月の結婚式が持つ意味合いは、今では由来以上になっているのかもしれません。