超重要!! 夏こそ スキンケア に力を!!

超重要!! 夏こそ スキンケア に力を!! 

そろそろ梅雨の時期が終わり、今年も夏がやってまいります!!

 

暑い日が続き、汗もかきますし、冬と比べて特に乾燥してないからいっか~と顔や身体の スキンケア を怠ってしまいがちですが、実は夏こそ スキンケア を重点的にやるべきだとみなさんご存じでしたでしょうか?

 

今回は、今から意識してやっておくべき夏の スキンケア の方法についてご紹介したいと思います。

 

 

 夏は肌がものすごく乾燥しやすい

 

汗をかいている&湿気がすごい日もあるから、お肌が潤っていると思っている人。

その考えは間違えです。

 

夏は日差しの中にある紫外線や、暑い日にはついついつけてしまうエアコンのせいで、肌の表面にある水分が蒸発し、
肌の水分量がなくなりやすい季節なんです。

 

そうなると、これ以上乾燥させまいと皮膚はテカテカの元である皮脂をたくさん出して、必死に乾燥を食い止めようとします。ご存じの方が多いかと思いますが、その状態を
「インナードライ」と言います。

 

インナードライになってしまうと、メイクも崩れやすくなるばかりか、肌が汚くなってしまいますし、皮脂が出るのに乾燥肌という最悪の状態になって、なかなか改善出来ません。

 

そうならない様にする為、極端な話、
夏は冬よりも力を入れてスキンケアをする必要があります。

 

 

  皮脂が出ていても、マメに拭き取ったりしちゃダメ!!

 

上記で紹介した通り、これ以上の乾燥を防ぐ為に皮脂が出ているので、顔をマメに洗ったり、あぶらとり紙などで取ってしまうと余計に乾燥が進んでしまい、また皮脂が出て…と負のスパイラルに入ってしまいます。

 

そうならない為のスキンケア方法を今からご紹介したいと思います。

 

 

 

 インナードライにならない為の上手なスキンケア方法

インナードライにならない為の上手なスキンケア方法

 

 

普段から保湿をされている人は、特別用意するものはありません。

化粧水や美容液、後、保湿乳液があれば十分です。

 

 

 ぬるま湯で洗顔する 

 

熱すぎると肌を刺激してしまいますので、30度~35度ほどのぬるま湯で洗うようにしましょう。

また、その時に使う洗顔料は出来るだけ肌にやさしい刺激の少ないものを使うようにしましょう。

 

 

 顔をゴシゴシ洗わないで優しく洗う

 

乾燥をすると、肌はダメージを負いやすい状態になっていますので、優しく丁寧に洗うように心がけましょう。

クレンジングも肌にやさしいタイプにしておけばベストです。

 

 

 洗い終えたらすぐに化粧水、美容液

 

ここからが重要です。洗い終えて顔をタオルで拭いて「ふー」と休みたくなるかと思いますが、洗い終えて拭き終わったら間髪をいれずにすぐに化粧水と美容液をお肌に塗りこんでください。

手のひらを使って、ちゃんと肌に染みこませるようにじっくりじんわりとつけていきましょう。

 

 

 終わったらすぐに乳液で水分を閉じ込める

 

暑い日になると、実は化粧水、美容液もすぐに蒸発しやすい状態になってしまいます。そこで乳液の登場です。保湿クリームでもOKです。

 

しっかり染み込ませた化粧水や美容液を肌の中に閉じ込める為に、すぐに乳液を塗ってお肌をコーティングしちゃいましょう。

 

そうする事で、化粧水や美容液の効果を最大限に活かせるので、しっかりとした保湿となります。

 

 

 今回のまとめ

 

夏のスキンケアは、スピードとやさしさ重視です!!

 

夏は暑いので、どうしてもさぼりがちになってしまいますが、インナードライにならない為にもしっかりとケアして、夏も素敵なお肌を目指していきましょう♪