レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > 結婚式の二次会でモテまくるコツと、服装のコーディネートについて

結婚式の二次会でモテまくるコツと、服装のコーディネートについて

partysceneお呼ばれした結婚式当日。結婚式⇒披露宴⇒二次会…と、絶えず新たに夫婦となったお二人を祝福するとても晴れやかな日です。  

 

主役はもちろん、新郎新婦のお二人ですが、実は独身女性にとって、結婚式や二次会は「最高の出会いの場所」だったりします。  

 

二人のお祝いの日だから、出しゃばっちゃいけない…って思っている方。    

 

それは大きな間違えです!!  

 

 

幸せ絶頂な新郎新婦のお二人からしてみれば、自分達の式をきっかけで、幸せなカップルが誕生したとなればむしろ嬉しいはずです。特に、結婚式よりもフランクな形でお祝いが出来る「2次会」は、出席しているゲストと話せる機会が多いので、今回は二次会で良い出会いのきっかけを作るコツと、ウケがいい服装のコーディネートについてご紹介いたします。  

 

 服装は、結婚式出席時のマナーに沿って選ぶ

結婚式からの流れで出席するゲストがほとんどの場合が多いので、あまりにも派手な服装で出席してしまいますと、返って恥ずかしい思いをしてしまう事もあります。 二次会という場所に的を絞ると、マナー内で、「色」と「ドレスの形状」でどれだけ印象付けられるかが服装のポイントです。   とはいえ、その時の気分や季節によって着るドレスは変えたいのが女心。そんな時はレンタルドレスをオススメしております。   ドレスアップのレンタルドレスの中で、おすすめのコーディネートはこちらです。  

 

 

 

 

FALECO ウエストベルト付きワンピースドレス(ブルーグリーン) 000090_01

 

 光沢感がある生地なので、照明に当たるとキラキラと煌き、いやらしくない程度に高級感を醸し出してくれます。 ウェストベルトのフラワーモチーフもアクセントとなり、印象付けるにはピッタリなドレスになっています。  

 

 

 

 

 

 

 

 

Exquis パープルフレアドレス 000004_01    

 

王道のワンピースフレアドレスです。色自体は控えめですが、生地のラメ感やフロントのドレープがアクセントとなり、華やかな印象を持たせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Genet Vivien ビビットネイビーパーティードレス 000016_01    

 

パッとみた際に目を惹くジュネビビアンのドレス。色合い、形状ともに非常に人気の高いドレスです。              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 知らない人に話しかける時の魔法の言葉

 「どちらのお知り合いですか?」   この魔法の言葉があれば、大抵の人に話しかけられます。 同性でも異性でもどちらにも通じる質問ですので、積極的にどちらとどういう関係なのかを聞いて、そこから話題を広げてみましょう。

 

 

 料理や飲み物は、積極的に自分で取りにいく。

partyfood二次会のほとんどはビュッフェ形式なので、料理の取り分けや飲み物は取りに行く必要が出てきます。

 

なので、料理が置いてある場所や飲み物を出してくれる場所は、見知らぬ男女が集まりやすい場所なのです。 知人と来ている場合でも、「私がとってくるよ」と積極的に自分から取りにいく事で、他に料理を取りに来ている男性に話しかけるチャンスが広がります。   「すいません。その料理とってもらえますか?」など、多少図々しいお願いをしても、大抵の男性は快く応えてくれるので、そこから会話のきっかけを作ってみましょう。    

 

 知人同士で固まらない

知人同士で固まってしまうと、内輪でワイワイする女子会のノリになってしまう事が多いので、そうなると男性側からしてみると話しかけづらいグループと見られてしまいます。

 

知らない人だらけの場合、知人がいる事でどうしても固まってしまう事もあるかと思いますが、固まっていても上記で触れた自分から行動する事で、一人の時間が出来ますので、積極的に男性が話しかけやすい状況を作ってみましょう。  

 

 共通点は「新郎新婦の祝福」

「新郎新婦の祝福」という共通の目的の元で集まっているので、合コン等と比べて、気になる男性と急接近出来るチャンスは多くあります。    

 

 

積極的に話しかけて、二人の幸せのおすそ分けをもらっちゃいましょう!