結婚式の黒系ドレスコーディネート3選

pt

 

※この記事は、2015年4月3日の記事を、2016年4月26日(火)に再編集しました。

結婚式に参列したことがある女性の半分近くの方が持っているというのが、黒系のパーティドレスと言われています。

 

確かに無難な色ですし、体の線が出にくい色ですが、結婚式のお呼ばれドレスとしては華やかさに掛けたり、イヤな言い方をすると喪服のイメージも出てしまい、さみしい感じになってしまうと思います。  

 

ですが、黒系ドレスの場合は、パーティドレスでもよく選ばれる色でもあるので、喪服のイメージはそれほど気にする必要はありません。

※ちなみに白系ドレスは、花嫁さんと同系色なのでタブーと言われていますので絶対にNGです!!  

 

ただ、黒系がいいとはいえ全身、黒ずくめにならないように注意する必要はあります。時代の流れと共に選ばれる機会が増えている黒系のドレスだからこそ、コーディネート次第で大人っぽいクールでゴージャスな感じにもできますし、甘めな雰囲気を作ることもできますので、まだチャレンジした事がない人は是非してもらいたいコーディネートですね。

 

そこで今回は、結婚式に出る際の定番ともいえるブラックドレスで気を付けることとコーディネートについてお話させていただきます。

 

 

ワンポイントの「赤小物」でオトナ女子っぽく

  redred  

出典 snow-white191.polyvore.com

 

 

持ってる人が多いだけにイメージがかぶりやすいのがブラックドレスのデメリットかと思います。

 

しかし、ワンポイントのオシャレさえ気を付けてしまえば、注目度がグッと増します。 せっかくドレスアップしているのですから、結婚式会場にいる他の人から「あの人の服装すてき」と思われるとうれしいですよね。  

 

黒と抜群に相性が色と言えば、ですよね。

 

ただ、それでも真っ赤なハイヒールで登場!! とかになると有名人のパーティ会場と勘違いしている人か下品な人という印象になってしまいますよね。

 

赤い口紅やコサージュなどで、赤を入れるとオシャレ度アップ!!

何も赤を全面に出す必要はなく、あくまでも主役は黒のドレスですので、引き立てる為に赤を使うようにしましょう。赤のルージュをひいたり、ワンポイントでコサージュをつけるだけでも十分映えます。

2次会なら髪飾りですとかアクセサリーに少し赤系を足したりすると黒系のドレスがより映えてベストです。

 

 王道のシルバー系、ゴールド系で華やかに

silvergold

出典 dixi3chik.polyvore.com      dressforthewedding.com  

 

 

重たくなりやすいだけでなく、着こなし方次第では下品にも見えてしまいがちな黒系ドレス。 

「悪目立ちしたくない。でも、おしゃれがしたい。」という人は、王道のシルバー系やゴールド系を合わせてください。明るい色を合わせればいいからと言って、ここで白はチョイスしてはダメです。

 

ましてやボレロに白を選んだりしたら、黒いドレスを着ていようと白いドレスを着てきたのと同じくらい白い目で見られてしまいますのでご注意です。

 

クラッチバックなど小物でシルバー系、ゴールド系を選ぶのがベスト 

シルバー・ゴールド系がいいからと言って、昼のお式や披露宴ですと、派手なアクセサリーでは悪目立ちしてしまいやすいです。

 

シルバー・ゴールド系は、クラッチバッグやネックレス、履物などの小物で主張させるのがオススメです。

ですが、夜のお式だとしてもじゃらじゃら付けて行くのはNGです。

控えめでいて、目を引きやすいところに付けるようにしましょう。

 

2次会では赤小物同様、けばく下品になりすぎないように注意して選んでいけば、重さも消せて華やかでしっかりとした印象になります。  

 

 

 黒系ドレスにビビットカラーで甘さをプラス

vivid vivid2

出典 fashiondivadesign.com    fab-fashionista-trends.blogspot.com    

 

 

チャレンジ精神があるオシャレ女子であれば、黒系にビビットカラーを取り入れて甘めコーデでお友達の結婚式の二次会に出てみてはいかがでしょうか? 

 

ビビットカラーそのものは、披露宴や結婚式そのものには向かない色彩ですが、ベースが黒いドレスであれば、ビビットカラーを使ったとしても抜けすぎず大人っぽさはキープされていきます。

 

ピアスなどのアクセサリーだけでなく、パンプス、バッグ、コサージュ、カチューシャ、リボンなど、どんなものとも合わせられるので、お手持ちの小物を一度確認してみてください。    

 

ちなみに、花柄のアイテムなどとも相性がいいので、ご自宅にある小物との合わせでブラックドレスを選ばれてみるのもいいかもしれません。

 

  kurohanagara

出典 natalie-dressed.com

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

一歩間違えるとお祝いの場にふさわしくない服装になってしまうかもしれない黒系のドレスですが、ワンポイント加えることでオシャレさが増えるだけでなく結婚式にもバッチリと合った格好へと変わっていきます。

 

シンプル系のドレスであっても黒系であれば、ストッキングに薄くラメが入っているものや少しストーンが入っているものを選んでみるだけでも、ワンランク上の着こなしを実感してもらえますし、上品な大人の女性という印象になります。「汚れが目立ちにくい」というメリットもあるので、気兼ねなくパーティを楽しんでもらえるドレスカラーだと思います!  

 

 -ドレスアップの黒系レンタルドレスはこちらから-