レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > 準備はOK? 結婚式にお呼ばれされた時の「持っていくもの」について

準備はOK? 結婚式にお呼ばれされた時の「持っていくもの」について

15bda6a5b51e5d0adddb3cef1795c146_m

 

結婚式にお呼ばれしてゲストとして出席する。

 

そういう時に皆さんは、どういう『バッグ』をチョイスしていますか? 小ぶりのクラッチバッグなどを選んで往復ではサブバッグを持っていくという人が多いかと思います。

 

その為、思わぬ忘れ物をしてしまうなんていうケースもあります。

 

私は過去に絶対に忘れてはいけないものを忘れて慌てて帰った事がある、いわば経験者です(苦笑)

ですが、結婚式だから持っていった方がいいものもある一方で、忘れないけれど工夫や普段と違うことを意識しておいた方がいいものもありますので、本日は結婚式の日にゲストとして持っていくものをご紹介しながら、気を付けておいた方がいいポイントをご紹介したいと思います。

 

普段持ち歩かないものだからこそ、気を付けるべき

 

当日忘れてしまうとショックが大きいのがご祝儀です。

 

3cd3a06419fb498e111b834f4d43c962_s

 

さっそくですが、これが私が忘れてしまったものです…(汗)

 

ご祝儀を忘れると、「あれだけ前もって準備してたのに」や「窓口やってないからピン札じゃない」というようなやり場のない気持ちに駆られることになってしまいます。会場に着く寸前に気づき、絶叫しかけたのは言うまでもありません。

もちろん、基本中の基本なのでそれからかなりかなーり気を付けていますが、荷物の入れ替えをしたりチェックしているときに一度別の場所に置いたりしてるうちに忘れちゃうなんてこともあります。

 

若い男性の場合は、ご祝儀袋を用意しておらず、当日受付前に買おうと考えてる人もいますが、せっかく準備していたピン札を家に忘れてくる原因ですので前日までにはご祝儀袋も用意しておくことが理想です。

 

 

 

そして、意外と忘れがちなのが招待状です。

 

f07df3b7aa0d19251440a013415d7e62_m

 

 

式場の受付の際に必要なものではないため、家に置いていきがちです。「時間も最寄り駅もわかったし、住所分かるからスマホのマップでOK」というのもありですが、最寄駅の出口情報まで教えてくれる招待状を持っていった方が駅を出るときにも迷わなくてよいでしょう。

受付時間も記載されていますので、開場時間なのか式のスタートの時間なのか分からなくなってしまうのを防げます。式場近くでお茶をすることができるのか、それともちょっと急がないといけないのかをいつでも記憶やアラームに頼らず確かな情報を手にできます

 

 

結婚式はいつもと違うことを考えて

119c8603858715db0134a242465f690b_m

 

 

普段から使っていますし、何をするにも関わってくるのがお財布です。

 

まずは、ご自身のお財布を見てみてください。長財布ではないですか? ちなみに、私はそうです。

長財布だとクラッチバッグには収まらないことがほとんどです。「往復はサブバッグで持ち運ぶから大丈夫」と思っていても、クロークでは貴重品を預かってもらえないことを考えておかないといけません。
そのためにも、現金とSuicaなどやカードを必要最低限だけ入れられる小ぶりな財布に入れ替えておきましょう。

 

他にも外せないものとしてはハンカチではないでしょうか。

普段はタオルハンカチを使っているという人も、せっかくのドレス姿ですから雰囲気やドレスのカラーなどに合わせたものをチョイスしてみましょう。それとは別にサブバッグに大き目なハンカチを忍ばせておくと、二次会などで役立つこともあります。

 

ちなみに、披露宴の時はナプキンがあることが多いですが、二次会の場合や1.5次会系のパーティの場合はレストラン系のパーティが多いので、持参したハンカチをナプキン代わりに使うことができます。

 

女性ならではを忘れずに

0418fa8658c131d5774f4467100005ba_s

さらには、結婚式ではフォーマルな格好をして出席されている分、メイク崩れが気になったりするものです。
以前にブログでご紹介させていただいた、「ゲストのための結婚式 お呼ばれメイク のポイント」を実践しておけば、式の最中のお化粧直しも最小限まで減らすことができると思います。そうすれば、メインバッグの中に入れておくものは使うものだけという風にコンパクトにまとめることができるでしょう。

 

それと、念のためサブバッグの中には、当日履いていく予定のタイツを予備で入れておいてください。伝線した時を考えておいて、せっかくのドレッシーなスタイルを楽しめるようにしましょう。

 

最後に、忘れたら大変だけど忘れそうになるもの大賞と言っても過言ではないもので、現地で履くヒールがあります。

結婚式のドレスやワンピースなどに合わせて、ヒールを普段履くよりも高いものにしたり、履きなれないヒールを選ぶケースがあります。しかし、靴擦れやこけたりする可能性も捨てきれませんから、往復は履きなれた靴を選んでいて、現地で履きかえるという人も多いと思います。

そんな時は、現地で履く用のヒールも事前に、できれば前日までに、サブバッグに入れておくか見落とさない場所に置いておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

こうやって挙げてみると「忘れ物なんてしないでしょ」と思いますが、意外とその時になってみると「アレ入れたっけ?」という風になってしまうこともあるかと思います。

 

結婚式に毎週1度は出るという人は少ないでしょうし、年間通してで考えると結婚式に出席する回数はそれほど頻繁ではないでしょうから、ゼッタイ忘れないはないと考えて事前の準備を心がけましょう。

 

ちなみに、ドレスアップスタッフにはお呼ばれした結婚式で必ず引き出物を持って帰ることを忘れるという最低なことをするヤツがいます・・・・・・

本人いわく「行きに持っていなかったものを帰りに持ち帰れることが信じられない」ということでしたが、そう言える神経の方が信じられません。

 

みなさんは新郎新婦が心を込めて選んだ引き出物を二次会や三次会の会場に置きっぱなしにしてしまうなどないように気を付けてください。