結婚式で親族にぴったりな服装とは

sinzoku

 

親族として結婚式に出席する際、主役である二人の親族が故にいつも以上に服装に悩む人が多い様です。  

 

知り合いの結婚式とは違い、周りの目を気にする必要がある服装選びに皆さん四苦八苦されているようですが、実はそんなに難しく考える必要はないんです。  

 

今回は、親族として出席をする結婚式にぴったりな服装とはどういうものかをご紹介したいと思います。

 

親族としてのぴったりな服装の答え

いきなり答えからご紹介します。  

 

答えは単純です。見た目の華やかさよりも、格式の高さを優先した服装

つまり、「フォーマル」を意識した服装を選択すればいいわけです。  

 

主役の二人の親族である以上、華やかさよりも品がある印象を求められるのが親族だと思っても過言ではありません。      

 

親族は「新郎新婦の身内であること」を意識する必要がある

 

どんな関係であっても「親族」である以上、新郎新婦の身内。

つまりは 家族の一員 として他のゲストのみなさんから見られます。

 

新郎新婦の次に一番目立って見られるのは親族のみなさんです。

 

もし、自分が知り合いの結婚式に参加したとして、新郎新婦の親族の席に目がいった時、その親族のみなさんがだらしない格好をしていたら…どう思われますか?

 

「新郎新婦の身内って…ちょっと…」

 

と、親族だけでなく、新郎新婦のお二人に対しても悪い印象を感じてしまいませんか?

 

なので、親族として出席する以上は、お二人の為にも外から見られても恥ずかしくない服装を選ぶ必要があるという訳です。

 

式を挙げる新郎新婦と自分の関係を考えた服装に

さて、散々プレッシャーを煽っておいてなんですが、「フォーマル」を意識した服装を選べばいいという所が分かった所で、次はいよいよ本題の親族が結婚式に出席する際の具体的な服装選びについてご紹介したいと思います。

 

服装選びの基準はまず、新郎新婦と自分の関係は何か?という事を考える所から始まります。

親族といっても、両親なのか、兄弟姉妹なのか、いとこなのか色々あります。  

 

「そんなの考えなくても分かってる!」

「それでも分からないから悩んでるんじゃないか!」  

 

という声が聞こえてきそうな話ですが、前項でも紹介した「フォーマルを意識した服装である事」と、「新郎新婦と自分の関係をはっきりする事」で、どういう服装にすればいいのかがある程度見えてきます。  

 

その例として、あえて格式にランクをつけるとすれば下記の様な表になります。

 

  hanayakasarank

 

当然ながら、新郎新婦の両親は最も格式が高い服装を選択する事を意識する事が必要です。

 

新郎新婦に代わって出席してくださった方々にご挨拶をする機会も出てきますので、父親であればモーニング、母親であれば着物など、親族の中で一番身なりに気を遣った服装にする事が必要です。  

 

 

次は祖父母や叔父、叔母、その次は兄弟姉妹、その次は叔父叔母の子供達であるいとこと続くわけです。

 

 

兄弟姉妹、いとこはそこまでフォーマル感がなくても大丈夫な傾向あり

上記の表でいうと、兄弟姉妹やいとこの格式ランクはCとDと微妙な所です。

 

親族の中で最も格式が高い服装でいるべきなのはご両親なので、実際、その子供達である兄弟姉妹たちはご両親よりも少し力を抜いた服装で全く問題ありません。

 

ただ、ラフになるという意味ではなく、ガチガチのフォーマルじゃなく、ネクタイの色や靴などに少し遊び心を入れても問題無い程度という意味です。  

 

男性であればブラックなど暗色のダークスーツ、女性であれば明るすぎない色のフォーマルなワンピースドレスを選べば間違いはありません。

 

もし選んだ服装に自信がなければ、一度、ご両親や新郎新婦に相談してみるのもアリです。      

 

最終的には、親族同士で話し合って決める事がベスト

散々格式高いフォーマルな服装がいいと伝えてきましたが、最終的には両家で話し合い服装のテイストを合わせる事が最もベストな方法です。  

 

新郎新婦が洋装であれば、洋装に統一し、和装であれば和装で統一をする事を意識すれば、服装選びが格段に楽になりますし、統一感があるフォーマルな服装にする事で、より親族としての品が増します。  

 

両親の服装であれば、多くの結婚式場を始め、多くのホテルなどで貸衣装としてモーニングや着物やフォーマルドレスを取り扱っているので、レンタルをするという選択肢もありです。  

 

当ショップでも、20代~50代の方まで幅広い層の女性の方々にレンタルドレスを利用していただいており、特にフォーマルドレスのレンタルが多い事から、そういった親族の方で服装にお悩みの人がレンタルドレスを利用してくださっているのかもしれません。    

 

>>フォーマル系のレンタルドレスはこちらからチェックしてみてください♪

 

まとめ

・親族としての服装に悩んだら「フォーマル」一択。

・兄弟姉妹・いとこの場合は、そこまで服装に悩む事はない。

・親族で話し合ってテイストを統一する事がベスト。

・スーツやドレスはレンタルをするという選択肢も全然あり。