レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > 婚活 パーティにピッタリのドレスまとめ

婚活 パーティにピッタリのドレスまとめ

婚活 パーティにピッタリのドレスまとめ

 

最近の 婚活 パーティは、異業種交流会のようにパーティ会場やレストランのような場所でお話やお食事を楽しむというスタンダードなパーティ形式のものから、一緒に料理を作ったりするクッキングパーティやスポーツをプレイしたりキャンプに行ったりという趣味系イベントまで幅広くあります。  

 

中には、男性はエグゼクティブな職業(お医者様や士業、経営者や国家公務員)といった限定されているお仕事に就いてらっしゃる人を集められているパーティまで行われていたりします。 以前よりもいろいろなジャンルで開催されている婚活パーティですが、参加資格や条件が年齢以外に「オシャレな服装で」というものや「女性らしい恰好で」といった曖昧なものが多くみられます。  

 

そこで、婚活 パーティでの服装選びの注意点をご紹介させていただきますので、参加されるご予定の人や興味がある人は是非ご参考になさってください。  

 

 自分本位な恰好はNG

  jibunhoni オシャレや女性らしい恰好ということを考えると、どうしても自分の好みを優先させた格好になってしまいがちです。 婚活 イベントに参加するということは出会いの場を求めているのだと思います。  

 

人の印象は出会って3秒で決まると言われているくらい第一印象は重要です。ましてや、結婚を前提とした出会いですのでマイナスなイメージを与えてしまうのはもったいないことです。たとえば、ゴテゴテのネイルをしていたりすると「この子は料理とか家事をやらないんじゃないのかな」とか、気合を入れて高価なアクセサリーをたくさん身に着けていると「あの子はお金が掛かるかもしれないなー」というイメージを植え付けてしまうかもしれません。そうならないように、自分のことだけでなく相手から見える印象をしっかりと考えましょう。  

 

では、どのような恰好がよいのでしょうか?  

 

 

 男性ウケNo1は清潔感のあるカワイイ系

  男性ウケNo1は清潔感のあるカワイイ系  

 

清潔感ということをクローズアップしすぎて、きっちりとしたセットアップなどでは堅い印象になってしまいますし、色味が少なくなりがちで地味になりすぎたりするのでNGです。黒などダークトーンのものは差し色として使って、全体はパステルカラーで明るい印象にしましょう。それだけで柔らかい女性らしさが際立ちます。  

 

洋服選びですが、体の線が出るタイトなものや胸元が大きく開いたり太ももが見えるような丈の短いセクシーなドレスやワンピースは下品に感じさせてしまいますので避けましょう。ふんわりしたシルエットだったり、シフォン素材の柔らかく可愛らしい感じは男性人気が高いので◎ ここで重要なのは、やり過ぎないこと。この1点に限ります。セクシーはダメだからとロング丈のものなどを選んだり、ワンピースやドレスがいいからと言ってミニドレスっぽいものを選んだりしてしまうと男性側が引いてしまうこともありますので気を付けましょう。

 

 結局どんなものを選べばいい?

婚活 自体が多様化しているので、実際に参加する際の服装も色々と変わっていっていると思います。だからこそ、おしゃれを意識しすぎず参加するイベントのタイプを見極めることが、ピッタリな服装を選ぶ重要な要素です。婚活パーティなどでは『いい女』であることよりも『結婚をイメージさせる女性』を心がけ、まずは、自分が参加するパーティやイベントがどんなテーマで行われているのかを判断し、動きやすい服装やドレッシーな恰好など使い分けをしましょう。    

 

女性らしさのある恰好が好まれやすいので、アウトドア系イベントであってもTシャツとデニムなどではなくシャツワンピあたりがオススメですし、スタンダードな婚活 パーティでよく言われる「オシャレな服装」や「女性らしい恰好」は、結婚式の二次会の服装をイメージしていればクリアできるので、ドレスやワンピースを選ばれることをお勧めします。