レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > これでバッチリ!! ドレスアップした人向け 雨の日対策とポイント

これでバッチリ!! ドレスアップした人向け 雨の日対策とポイント

 

これでバッチリ!! ドレスアップした人向け 雨の日対策とポイント

 

9月になり、これから徐々に結婚式シーズン第2のピークを迎えていきます。

 

しかし、日本ではこの時期は台風が多く、天気が乱れる時期でもあります。

「日差しが落ち着いて暑くなくなったけど、結婚式に出る日は雨が心配」という人も少なくないのではないでしょうか。

お祝い事ですし、楽しみにしてたのに天気予報を見たら雨かもしれないなんてこともあると思います。

ドレスを着て出掛けたはいいけど会場に着くまでにグチャグチャなんてこともあるでしょうし、電車で行く予定だったのに急きょタクシーにしたなんてこともあるでしょう。

 

そこで今回は、万が一、結婚式の日が雨でも大丈夫なように、ドレスアップした人向け雨の日対策とポイントをご紹介いたします。

 

 結婚式シーズン到来!秋の結婚式ってどんな?

秋は、梅雨時と同じように天気予報を見ていると「ぐずついたお天気」という言葉をよく聞きます。

これは、秋の停滞前線がもたらす秋雨と呼ばれる長雨が原因となっています。

一方で、秋晴れと言われるほど澄み渡った青空も特徴的な時期であります。

 

つまり、安定しない変わりやすい天気ということなのですが、そこにプラスして台風が来ることもしばしば。

これだけ聞くと、ジューンブライドがある梅雨時の方が結婚式シーズンとしていいんじゃないの? ということになりそうですが、6月の方が日差しも強く湿度も高いため、参列するのが大変だったりします。

 

秋の結婚式は、雨に当たる可能性は高いけれど、それでも出席する人からすると夏場よりもよっぽどいいということですね。

 

 雨予報が出ても大丈夫!事前に準備しておくべきこと

秋も雨の時期ですから、この時期に結婚式へ出席する予定がある場合は、当日が雨になってしまっても大丈夫なように準備をしておくとよいでしょう。

 

 

会場にゲスト用の着替え室などがあるのかを確認

ゲスト用の着替え室のあるなしによって、当日のその後の動きが変わってきます。忙しいのに悪いなと思いつつも新郎新婦へ確認しておきましょう。

 

最も注意が必要なパターンは、着替え室なし&電車・バス移動
着替え室がない場合は、自宅を出る段階でドレスを着ていく必要があります。さらには公共交通機関を利用するとなると荷物はできるだけ減らしていきたいものです。

 

ドレスアップしているからこそ レインウエアとレインシューズを

レインウエアを着るのはイヤだな…と思う人もいるかもしれませんが、最近ではドレスアップした服装にも合うような可愛らしいレインウエアが多く出ています。

 

ドレスの上からレインウエアを着ておけば、傘の隙間から吹き込んでくる雨対策になります。

 

レインシューズも各ブランドがパンプスタイプのものを出していますよね。可愛らしくて甘い印象のものが多いと思いますが、レインウエアと合わせてコーディネートしておくだけで雨の日でも女子を楽しめます。

 

会場に着いたら、レインウエアはささっと畳んで、足元はドレス用のパンプスに履き替えるだけなので、プラスαの荷物も少ないところもうれしいですね。

 

 

雨でも安心な「マイカー」

電車やバスでの移動と違い、荷物を少しは持って行けるという利点はあります。しかし、着替え室がない場合は、会場で着替えることを考えないで自宅で身支度のほとんどを済ませておきましょう。

 

また、マイカーで行かれる場合は、近隣の駐車場から会場までがどのようになっているかを事前に調べておきましょう。車だから楽ちんと思っていても、式場に入るにはぐるっと回らないと入れませんなんてことも。そうなった場合の準備ができるように、事前のチェックが重要です。

 

 

意外と注意が必要な着替え室あり&電車・バス移動

雨対策は非常に簡単なのが、着替え室が会場にある場合です。しかし、別の意味で注意が必要なパターンでもあります。
着替えを会場でするからと、荷物を多く持って行くのは避けましょう。電車やバスで移動するのに全身着替えられるくらいの荷物を抱え、傘をさして歩くというのはご存じのように大変です。

ましてや会場で着替えからメイクまですべてやるとなると時間もかかりますし、他の人も使っていらっしゃるケースも考えられます。最低限のものを変えれば済むようにしておいた方がいいでしょう。

 

 

 ドレスだけでなくヘアスタイルも雨の日対策を

どうせ雨の日対策をするのであれば、ドレスだけでなくヘアスタイルも対策してみてはいかがでしょうか?

オススメはやはりアップスタイルなどのまとめ髪です。湿気の影響を受けても広がったりペタッとしたりというのを防げます。

 

また、以前に梅雨と湿気と仲良く付き合える髪を作る方法で紹介したように、日々のケアで湿気に負けない髪づくりはできますので、これを機会に試してみてください。

湿気対策に向いているねじり編み込みのやり方もご紹介しております。

 

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

結婚式という晴れの舞台。天気はどうしようもできないものですが、あいにくのお天気になったとしても気分よく出席できるようにしておきたいものです。結婚式スタートで二次会まで出席されるという場合も多いと思います。その場合は、式場から二次会会場までの移動もありますので、かさばらないけれどもしっかりと対策できるものが準備できているといいですよね。

 

レインウエアやシューズなどは、カジュアルな場面でも十分に活躍してくれるアイテムですので、結婚式用で考えるのではなく雨の日でもオシャレを楽しむためのアイテムとして考えてみてはいかがでしょうか。