レンタルドレス、パーティードレスレンタル【Dress-Up】 トップ > ブログ > イマドキの 結婚式 スタイルってどんな感じ?

イマドキの 結婚式 スタイルってどんな感じ?

イマドキの結婚式スタイルってどんな感じ?

 

一生に一度の思い出にしたいとみんなが考える 結婚式

時代の移り変わりとともにその装いも変わってきています。

家の格式などが前面に出ているものから、若くしてご結婚する人やできるだけコストを押さえたい人に向けたものまで多種多様なものが見られる時代になっているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、日本での結婚文化の歴史から、今どきの結婚式スタイルをご紹介します。

 

  結婚式 の起源っていつ?

izanagiizanami

 

元来、日本には結婚式という慣習や概念がなかったようです。しかし、起源としては日本神話の

イザナギとイザナミの話がそれにあたるとも言われています。

時は流れて平安時代頃には婿入りをする形で婚礼の儀礼が貴族社会で定着しており、その後、武家社会になる頃には婚礼は盛大に行われており、祝言を経て婿方の一家へのお披露目などが行われていたということです。

 

江戸時代になると、一般大衆でも武家様式が取り入れられるようになったということで、婚礼の儀礼(道具入れ、嫁入り、祝言)が行われるようになっていったということです。この頃の祝言も披露宴に近い印象だったようですが、2、3日行われるもので今のものとはだいぶ違う感じだったようです。(家柄によっては1週間近く行われることも)

 

つまり、明治以前までは結婚式という概念すらもなく、新郎新婦に当たる夫婦を中心に儀礼として身内へのお披露目会が行われていたともいえます。

 

 キッカケはロイヤルウエディング

royalwed

 

明治時代中期に、今のような形に近い神前式が行われました。これがのちの大正天皇の結婚式でした。

後続の結婚式ということもあったので、国民の関心も非常に高く、日本中が結婚式という様式を知るきっかけになったと言われています。大正時代にもなると、今まで行われていた自宅で行われる婚礼は減っていき、神前結婚式が一般的になっていきました。

昭和6年には目黒雅叙園ができ、これは今のような結婚式場の先駆けとなりました。戦後、公民館などの場所を借りて結婚披露宴が執り行われるということがありました。一方で、昭和22年には総合結婚式場として明治記念館が利用されるようになったこともあり、これ以降、昭和30年代には多くの結婚式場ができることとなりました。

 

さらには有名俳優の結婚式が行われたことと、東京オリンピックの需要による建設ラッシュからホテル内での結婚式が一般的になっていきました。この流れは全国にまで広がり、より華やかに結婚式を行うことができるということから、従来の神社で行うものからホテルや総合結婚式場で行うものへと変わっていきました。バブル期などはゴンドラを使った入場など、贅を尽くした結婚式が多く行われていました。

 

 イマドキの 結婚式 は二人らしさと絆

kizuna

 

バブル崩壊以降、ハデ婚などお金がかかる挙式スタイルは、芸能界や有名人、スポーツ選手や富裕層など一部の人に限られており、一般的にはジミ婚や身内だけの結婚式を選ぶ人が増えていきました。

 

近年では、レストランを貸し切って行われるレストランウェディングなど、それまでの結婚業界の常識にはなかった個性的な(二人らしい)式が多くなってきています。

 

最近では、スマ婚といった余計な予算を掛けずに式を行う格安結婚プロデュース業態であったり、すぐ婚といった埋まっていない式場の日程を利用することで予算を押さえられるというものが多くみられています。あくまで低予算というところや式場との需要と供給に着目することで、費用の心配を抑えて二人らしく結婚式を挙げられるということで人気になっています。

 

また、1.5次会やパーティ婚という形で結婚披露パーティを選択するカップルも増えており、レストランウエディングをさらにカジュアルにすることで自由度と予算を抑えたりしています。近年の「結婚式(お披露目)はしたいけど余計な部分に費用は掛けたくない」という思いから、需要は一気に高まっていっています。

そんな中注目されているのが、つながり婚という考えを持った結婚式のプランです。これは、「主役は新郎新婦」という以前からのスタイルにプラスで、ご家族とのつながりや支えてくれる周りの人との繋がりをしっかりと感じられるように組まれているプランだということです。

 

いかにして二人らしさを演出するかということと出席していただく人たちとの絆を打ち出せるのかということが、今どき結婚式のようですね。

 

 

| まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近では格安結婚式などの低予算化という傾向だけでなく、新郎新婦が出席者とも幸せを共有しあえる繋がりがキーになっているようですね。中には、出会った場所がキャンプ場だからということでキャンプ場の大自然の中で結婚式を挙げたりする人もいるようですし、余興や出席者・新婦(新郎)に向けたサプライズとしてフラッシュモブを取り入れた結婚式も人気が高いようです。

二人の門出を祝う結婚式が、いつからか2人と共に作っていく祝うという形になっているのかもしれませんね。