子連れだからこそ!結婚式参列で守るべきマナー

子連れだからこそ!結婚式参列で守るべきマナー

最近では、ファミリー婚やパパママ婚もよく見かけるようになってきて、ドレスアップした可愛らしいお子さんと一緒に結婚式を挙げるという人も増えてきていると思います。

主催者側と言いますか花嫁花婿側のファミリーは主役ですので問題ないでしょうが、結婚式に子連れで参列する際には「呼ばなきゃよかった」とならないように気を付けたいところですね。

しかし、古くからの友人や夫婦共にお世話になっている人の結婚式の場合、ご夫婦+お子さんもというようなお呼ばれも増えてきているのではないでしょうか。

お子さんを連れて結婚式に出席する=マナー違反というようなイメージもなくはありません。かと言って、お子さんが小さいと預けられなくてご夫婦でお呼ばれしたのに参列できないということもあるかと思います。

大切な人から読んでいただいているのですから、可能な限り出席したいと考えると思います。

そこで今回は子連れで結婚式に出席する際の注意点をご紹介いたします。このポイントを守っていれば、子連れ=マナー違反というイメージを払しょくできると思いますよ。

 

子連れでの結婚式参列は本当にマナー違反?

これは主役のお二人がどのように考えていらっしゃるかです。

以前は結婚式に子供を呼ぶというのは兄弟姉妹などのケースがほとんどであまり見かけませんでしたが、最近ではお友達の結婚式であっても「お子さんとご一緒にお越しください」というようなご招待も見かけるようになってきています。

その場合は、もちろん子供を連れて参加することはマナー違反ではありません。

招待状に書かれていない場合は、基本は子連れはダメ

ただ、招待状に掛かれていない場合は、お子さんを預けてご出席してください。

預け先がない場合や、例え新郎新婦からOKをもらっていても、お子さんの年齢や状況によっては、残念ですが結婚式への出席を諦めてお祝いをお送りする(距離が近ければお持ちする)などにしましょう。

 

ここがポイント!子連れで結婚式に出席する際に気を付けるべき点

お子さんを連れて結婚式に出席する際のポイントは、事前に確認する点結婚式当日に注意する点の2種類があります。

うっかり確認をし忘れてしまうと、結婚式当日に思わぬトラブルになりかねません。

いずれも最低限抑えておいた方がいいポイントのみ紹介しますので、しっかりと確認する様にしましょう。

披露宴会場での子供用の席が用意されているかどうか【事前確認】

招待状に子供のことが書かれているくらいなので用意されているでしょうが、お子さんの年齢で変わる可能性があるので念のため確認しておきましょう。

また、まだ椅子に座れない子を連れて行く場合は、ベビーカーの入場が可能なのかどうかも確認しておきましょう。

 

子供用のお料理を式場で用意してもらえるかどうか。【事前確認】

乳幼児の場合は用意されていないのが当たり前かと思いますが、食事が取れる年齢の場合は、持参した方がよいのかお願いできるかを確認しておきましょう。

お子さんにアレルギーなどがある場合は、なるべく早いタイミングで新郎新婦に持参する旨を伝えましょう。会場のOKを取る必要があることもあります。

 

子供連れで出席した時のご祝儀【当日の注意点】

お子さん1人に付き、プラスで1万円程度を包んでおいた方が無難です。

食事を持参するなどの場合であっても、お気持ちとして5千円は包んでおきたいところです。

 

式場では位置取りと周囲へのご挨拶【当日の注意点】

お子さんが小さければ小さいほど、何が起こるか分かりません。

厳かな雰囲気の中、泣いてしまうことなども考え、基本的に自由な位置で参加出来る結婚式では、いつでも途中退出ができる位置を選びましょう。

また、席が決まっている場合が多い披露宴では、出来るだけ自席の周りのゲストのみなさんに挨拶をしておくのも忘れないようにしましょう。

もちろん、お子さんが飽きて騒いだりぐずったりした場合は、速やかに会場の外に出る事を心がけましょう。

また、可能であれば事前に新郎新婦に、外に出やすい入り口付近の席を用意してもらえるようにお願い出来るとベストです。

 

子供優先にならないように

子連れで結婚式に出席した場合、最も大変なのがコレかもしれません。

乳幼児の場合は、式の最中に授乳をしないですむように、事前に授乳室で済ませておくですとか、飽きた子供を静かにさせる為におもちゃ(音がでないもの)を持って行くなど、子供を連れてきたことによって結婚式の進行の妨げにならないように十分に配慮をしておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以前と違い『結婚式に子連れで参列すること=マナー違反』ではなくなったとはいえ、出席する場合には気を付けたいことが細かくあります。

せっかくのご友人の結婚式です。OKをいただいていれば、お子さんもご自身もドレスアップして出席してみるといい経験ができるのではないでしょうか。

そのためにも、新郎新婦やその親族みなさまに迷惑が掛からないように事前の段取りをしっかりとしていきましょう。

また、自分がOKをもらっているということは他の出席者の人たちもOKをもらっているでしょうから、授乳室やベビーカーの置き場などで揉めてしまうことがないように、お互いに配慮を忘れないようにしましょう。


【PR】

※当社ファレコ直営のネットレンタルショップです※
結婚式・2次会向けのレンタルドレスや、コスプレ系コスチュームを低価格でレンタル予約!!